トップ  »  入会のご案内

入会のご案内

 パーソナルモビリティロボットや生活支援ロボットなど、次世代ロボットの実用化を進めていくには、公道など実際の社会環境でロボットの実験を行い、ユーザーや社会からのフィードバックを得ながら技術・製品の開発を行うとともに、法規制などの社会システムの改革を行っていく必要があります。また次世代ロボットの産業化には、ロボットの開発のみならず、ロボットを活用した新たなサービスの開発を行っていくことが重要です。

 つくば市では、日本で初めてモビリティロボットの公道実験を可能とする「つくばモビリティロボット実験特区」の認定を受けたことにより、平成23年4月、ロボット特区実証実験推進協議会(会長:つくば市長)を立ち上げました。その後の取り組みが評価され、平成27年7月には特区が関係法令等の改正により全国展開し、条件を満たす全国の地域においてモビリティロボットが公道を走行出来るようになりました。これを受け、平成27年10月、協議会の名称を「つくばモビリティロボット実証実験推進協議会」に改めました。本協議会では、つくば市内の公道(歩道)において、次世代ロボットの産業化およびロボットを活用した新たなサービスの創出を目指す企業・研究機関・自治体の皆様とともにロボットの社会実験を推進していきます。

 ロボットの実用化に向けて、ロボットの実証実験またはロボットを活用したサービスの社会実験を行いたい企業や大学・研究機関、またはロボット特区に関心のある自治体の皆様の入会をお待ちしております。

会員の種類

1) 正会員:年会費 5万円、入会金 5万円
規約に定める目的及び活動に賛同し,つくば市においてロボットの公道実証実験を行うことを希望する法人,団体又は個人であって,総会での議決権を有する者
2) 準会員:年会費 無料、入会金 無料
本協議会の活動に関心を有する法人,団体又は個人であって,総会での議決権を有しない者

規約

協議会の規約は規約ページ をご覧ください。

入会のご案内

入会申込書をダウンロードし、申込書の各欄に必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにて事務局宛にご送付くださいますようお願いいたします。
(申込書様式更新日:H29/8/1)

 入会申込書ダウンロード[word]

 入会申込書ダウンロード[PDF]